RED WING 8168 9" Pecos sole 【レッドウイング 8168 9インチ ペコス クッションソール】Hawthorne Abilene Roughout(ホーソーン アビレーンラフアウト) Cushion-ワーク





ペコスブーツは、レッド・ウィング社の開発した、ウエスタンブーツ・タイプのワークブーツです。元々スペインの乗馬靴に由来するウエスタンブーツは、左右両側に縫い目のあるサイドシームの筒を持つプルオンブーツです。その多くは、つま先がやや尖った形をして高めのヒールがついていますが、これは乗馬の際に鐙(あぶみ)にスムーズに足を入れて踏ん張るのに適していたからです。レッド・ウィング社はかつてテキサスに拠点を持ち、1930年代にはウエスタンブーツも販売していました。このウエスタンブーツに、レッド・ウィング社が得意とする機能本位のワークブーツのデザイン手法を用いて、シンプルかつ頑丈で、様々なワークに使えるブーツとしたのがペコスブーツです。レッド・ウィング社はペコスブーツを商標登録した上で一連の品揃えをして、1959年に発売しました。その当時は全てのペコスブーツがヒール付きのものでしたが、2年後の1961年ワークブーツで高い評価を得ていたトラクショントレッド・ソールを付けた#866をラインナップに加えました。白くて厚い、クッション性に富んだ底の平らなこのソールは、どんな地面でも履きやすく、疲れにくいものでした。本来ハンティングブーツとしてつくられたアイリッシュセッターに使われ、ワーカーにも評判になっていたものです。やや短めの筒、ウエスタンタイプのブーツとしては丸みを帯びたつま先、そして高い機能性を持つソールの組み合わせにより、この#866も着実に評価を高め、ロングセラーとなり、今日でもアメリカ南西部やテキサスといったウエスタンブーツカルチャーを持つエリアで作業靴としても履かれています。#8168は、この#866をベースにした日本企画商品として1996年に誕生しました。当時、赤茶色のオロラセット・ポーテージ・レザーの#8866、厚い塗膜を持つブラック・クローム・レザーの#8169 と並んでレッド・ウィングの三大レザーであったベージュ色のラフアウトレザー、ホーソーン・アビレーンを使ったモデルとして発売され、定番商品となり今日に至っています。


レザー:ホーソーン「アビレーン」ラフアウト
ソール:トラクショントレッド
製法:オールアラウンド・グッドイヤーウェルト
ラスト(木型):17
ワイズ:D 5- 6, E 6.5- 11
生産国:アメリカ

LEATHER:Hawthorne "Abilene" Roughout
SOLE:Traction Tred
CONSTRUCTION:All-around Goodyear Welt
LAST No:17
WIDTH:D 5- 6, E 6.5- 11
Made in USA

>その他のRED WING商品

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています

例)「今すぐ使える Excel2003」を入力して[検索] → 「サポートページを探す」をクリック

RED WING 8168 9" Pecos sole 【レッドウイング 8168 9インチ ペコス クッションソール】Hawthorne Abilene Roughout(ホーソーン アビレーンラフアウト) Cushion-ワーク

新刊をもっと見る